一般的にキャッシングの滞納情報や自己破産といった金融事故を起こしたことが理由で信用情報にキズが付くことを金融ブラックといいます。

金融ブラックとは別に、短期間の間に複数の金融機関やローン申し込みを行うことで陥ってしまう「申し込みブラック」状態。

名前を聞いた事が無い方も多い、金融ブラックとは別のブラック状態。

一般的に、一度この状態に入ってしまうと最低でも6ヶ月間は、金融機関の審査に通ることが難しくなります。

短期間に複数の会社に申し込みを行っている人ほど、金融機関からは「お金を借りるのに必死な人」、つまり「返済能力に不安のある人」と見られてしまいます。

銀行、信用金庫はもちろん、サラ金と呼ばれる消費者金融であっても、「この人に貸したお金は戻ってこないかもしれない」と思うと審査に通過させません。

お金に困っている人ほどお金を借りにくい、というのが現状です。

ソフト闇金業界も例外ではありません。複数件のソフト闇金に申し込みをした事が理由となり、本来であれば審査に通過しやすい属性の方でも、「この人は返せないのではないか」と思われてしまい、小口融資しか受けられない、場合によっては断られてしまうことになりかねませんので注意が必要です。

お申込みする際、一度に複数件の申し込みをせずに1か所に絞って申し込むことをオススメ致します。